紅葉といえばバーモント州! 留学中の紅葉の時期の楽しみ方7選 きれいなのは1週間だけ?

私は高校生の時にアメリカのバーモント州という、ニューヨーク州の北でカナダに接しているところに1年間留学していました。

バーモント州は秋がとても短いといわれています。実際に10月の終わりには雪が降り始めてしまうので紅葉の期間は夏が終わって寒くなる10月の一瞬になります。

バーモント州は別名Green mountain state と言われるように山の数が多いです。

紅葉の時期になると、山々が黄色やオレンジに色づいてとても綺麗なのでアメリカでの紅葉の楽しみ方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1番きれいなのは1週間だけ

Foliage Vermont Plains - Free photo on Pixabay

紅葉がベストなのは1週間だけと言われています。また年によっては雨の影響できれいに色づかなかったり、ベストと言われている1週間に風の強い日があってすぐに落ちてしまったりしてしまって、なかなかきれいに鑑賞できるときはないのです。

紅葉は実はとても貴重な瞬間だからアクティビティを楽しまなきゃ損だよ!

スポンサーリンク

紅葉の楽しみ方

アメリカでの紅葉の楽しみ方を紹介していきます。日本と同じところも違うところもあります。

ハイキングに行く

Download free photo of Autumn,leaf,nature,tree,maple - from needpix.com

紅葉といえばハイキングです。山頂から山々が色づいた景色を見ると来てよかったと思えます。また歩いてる途中も周りの木々が綺麗に色づいていて飽きることがなく、楽しく歩くことができます。

夏は山に登るだけで汗をかいて暑いし、冬は標高が高くなるにつれて寒くなって危険なので、秋にハイキングに行くことがベストだと思います。

車社会のアメリカは日々運動不足に悩まされるので、休日は家族でハイキングをすることが多かったです。

ハイキング中はホストファミリーと一緒に話せるチャンスになるので仲良くなることもできます。

キャンプファイヤー

Picture of Campfire Smores free image

キャンプファイヤーも紅葉の時期にしかできないことになっています。風があまり強くない日に火に当たりながら団らんすることで心も身体もとても暖かくなります。

キャンプファイヤーで欠かせないのがs’more というお菓子です。グラハムクッキーに少し溶けたマシュマロとチョコレート挟んで食べるのが何とも言えずにおいしくなっています。

キャンプファイヤーでは寒くなったらブランケットをかけて団らんしてもよいし、寒くなる前はジェンガで遊んだりすることもできます。

ホットチョコレートやココアを飲みながら火を囲んでゆっくりするのが楽しいです

カヤック

Free Images - SnappyGoat.com- bestof:fall walk bench park quiet autumn  nature forest lifestyle outdoors outdoor active exercise

私のところには湖があったので昼間はカヤックをして色づいた山々のあいだをカヤックで漕いでいました。

カヤックはホストファミリーの自宅に全て道具がそろっているので自動車の上に積んで持っていきます。しばらくカヤックをしながら周りのもみじを見たら、芝生に転がって本を読んだり、お昼ご飯を食べてピクニックをします。

少し肌寒くなるとブランケットを羽織って学校の宿題なども芝生の上でやっていたのを覚えています。

ドライブしながら夕焼け紅葉

File:Country-road-autumn-mountain-sunset - Virginia - ForestWander.jpg -  Wikimedia Commons

火が沈むころのもみじが一番きれいです。州都に行った後に使う高速道路の開けた道は、四方八方を紅葉した紅葉に囲まれてとても綺麗です。

車の窓からずっと見ていられるのです。紅葉と言っても黄色やオレンジがあるので進むたびに違う色づきの景色が見れて見とれてしまいます。

日が沈み始めると、空が赤みがかって紅葉にも深みが出てきます。その一瞬を逃さないようにしたいです。

最後のソフトクリーム日和

紅葉が終わると夏限定でオープンしていたソフトクリーム屋さんが閉まってしまいます。私のところにはメープルシロップのソフトクリームが売っていたので紅葉が終わる前に最後に食べていました。

少し冷たい風に打たれながら食べるソフトクリームはとてもおいしいものになっています。

ポップアップピザ

先ほども述べたように外で活動できるのも紅葉の時期が最後です。紅葉が終わると一気に寒くなって氷点下まで行くのには1週間もかかりません。

紅葉の時が最後にみんなで外でお話ができる時になります。そのため町にはポップアップ(日本で言う出店)ピザ屋さんが立ち並びます。

そこでピザを買ってピザを片手に団らんします。キャンプファイヤーにはやはり食べやすいピザが必要になるので皆ビールとピザをもって楽しむのです。

リンゴ狩り

Farm,apples,orchard,basket,bushel - free image from needpix.com

リンゴ狩りの時期も紅葉と被っています。リンゴ農園に行くとハロウィンの飾りつけでいろいろな形のカボチャが売っていたのを覚えています。

リンゴ狩りではあったかいアップルサイダーを飲んだり、ドーナツを食べていました。よい写真を撮るには紅葉バックのりんご農園が1番よいです。ちなみに、ビンテージ風のレトロな写真をとる女子のことをVsco girlと呼び、アメリカのインスタグラマーの中でも話題になっています。

スポンサーリンク

紅葉の時期の留学生の心境は

紅葉の時期はやっと留学から3か月ほどたって生活にも慣れてきたころでした。その分学校でよい成績を取りたい、もっとたくさん友達を作りたいと欲が出てくるのもこの時期でした。

3か月の辛抱と言われていた最初の3か月が終わりホッとしたようなこれから半年以上ここで留学をすることへの不安などいろいろな感情が混ざった中で過ごした時期でした。

そんな時に窓の外から色づいた木々を見て癒されたのを覚えています。

まとめ

今回は紅葉についてまとめてみました。日本の紅葉狩りのような言葉はないのですが、紅葉の時期がバーモント州が誇れる季節だといわれるほど紅葉はとても一年の中でも特別な時でした。

留学中は季節の変化も楽し見ながら日々を過ごしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました